真の日本を日本から
 
English Japanese
和の輪について
作品集
商品カテゴリー
作者別
日本文化紹介
ご利用ガイド
よくあるご質問
お問合せ
会社情報
ショッピング
ショッピング
新 着 情 報

【和の輪お買物ガイド】
多様な支払方法!5千円(税抜)以上ご購入で送料無料!


【ヒストリー情報履歴】

【和の輪支店サイト】
各支店情報はコチラへ




【支店お客様評価】

DeNAショッピング店
お客様評価


Yahooショッピング店
お客様評価


【新着商品】

05/18New新商品入荷
272902絡繰魂金襴サンダル

05/17New新商品入荷
272901絡繰魂金襴竹サンダル

05/10New新色入荷
2.花龍,3.鶴の舞
竜図ほぼ全機種対応手帳型金襴スマホケース

04/12New新商品入荷
271901絡繰魂和柄桜富士本革(牛革)ベルト

04/06New新色入荷
色No.143,144,145
210,285,286
和柄靴紐(ちりめん靴ひも)

03/30New新色入荷
色No.170,201,238
281,282,283
和柄ダブルピンベルト(ちりめん2段穴ベルト)

03/24New新色入荷
色No.206,304
和柄ちりめん多機能三つ折りメンズレディース財布

03/17New再入荷
色No.K2,K038
和柄がま口メンズレディース財布(大)

03/17New再入荷
色No.K2
和柄がま口メンズレディース財布(プチ)

03/13New再入荷
色No.148
ちりめんダブルピンベルト

03/09New再入荷
色No.157
金襴ダブルピンベルト

03/08New再入荷
色No.161
和柄アクリルグラス(メガネ)ホルダー(眼鏡かけ)

03/08New再入荷
色No.40
和柄ちりめんネックストラップ

03/08New再入荷
和柄ちりめんがま口タバコシガレットケース

【定番人気商品】

和柄財布/本革長財布/がま口財布

和柄バッグ(ウエストバッグ/ショルダーバッグ/ヒップバッグ/トートバッグ)

和柄ベルト(ちりめん/金襴/本革ベルト)

和柄帽子(メッシュキャップ/ハンチング/ワッチキャップ/ハット)

和柄靴(スニーカー/ちりめんくつひも)

【ショッピングコーナー】

和柄財布/和柄がま口財布

和柄サンダル

和柄バッグ

和柄帽子

和柄グッズ

和傘(番傘等)

かごバッグ(籠巾着)

和柄・着物リメイク
アロハTシャツ


和紙紙織物バッグ

江戸小紋
[Komon Hirose]


新春向け商品


【アート・ギャラリー】

ハンドメイド アクセサリー

書道デザインフレーム

書道 色紙

和紙造形

書画

絵画

着物リメイク

レザークラフト

灯り

竹の虫

流木・古木花器


【2017年05月休業日】
土日及び
祝日(3,4,5)

【2017年06月休業日】
土日


Jun
   » 休業日
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 
「和の輪」は株式会社十八番屋の登録商標です
<登録第4947774号>
 
古物商(美術商)
東京都公安委員会許可
第303310606246号
株式会社十八番屋

竹かごバッグ「公長斎小菅」と「中川政七商店」コラボレーション

 1 - 4 番目を表示 (4 ある商品のうち)   ページ:  1  

かごタバコケース/網代(あじろ)

············ 14,040円
 

かご巾着/金魚すくい

············ 12,960円
 

かご巾着/網代(あじろ)

············ 30,240円
 

丸かご巾着/金魚すくい

············ 9,180円
 
 1 - 4 番目を表示 (4 ある商品のうち)   ページ:  1  
竹かごバッグ「公長斎小菅」と「中川政七商店」コラボレーション

京都、奈良の伝統の融合が創りだす美
「公長斎小菅」と「中川政七商店」
コラボレーションの竹かごバッグ


オリジナルの竹製品を作り続けて100年以上。明治31(1898)年創業、京都の創作竹工芸店「公長斎小菅(こうちょうさいこすが)」の竹かごに、創業1818年の奈良の麻問屋「中川政七商店(なかがわまさしちしょうてん)」の麻布を組み合わせて作り上げた、逸品の竹かごバッグです。


美しさのこだわり。竹をデザインする「公長斎小菅」。

竹の特性であるやわらかさとしなやかさを生かしたかごは、編み物に適した国産の真竹を使用し、「網代」と呼ばれる編み方で編んでいます。網代は丈夫なだけでなく、見た目にも美しい編みです。さらに、その網目を美しくするのが、漆加工である。何度も漆を塗っては布で拭く、ふき漆と呼ばれる技法を用い、独特の艶を出しています。美しさへの手間は細部にまで至ります。いたみやすい角を底のかがりで、ぶつけたり、こすったりしても竹がいたまないようにしています。そして、摩擦を防ぎ、滑りがよく、物の出し入れがしやすいようにかごの内側全てに布を張っています。これらのこだわりがかごをよりいっそう優雅のものへと仕上げています。


機能美を追求したもち手。厳選された布地。

美しさへのこだわり、物作りへのこだわりはバッグの持ち手にも反映されています。持つ人のことを考え、優美なだけではなく、丈夫で切れにくい上に、クッション性があり、手にしっくりなじむように組まれた紐を使用しています。平安時代より伝承される京都紐に根竹をあしらった公長斎小菅オリジナルです。さらに、このかご達に花を添えるのは、奈良の麻問屋、中川政七商店手紡ぎ、手織りの麻布です。全てが今年の夏の新柄です。


使い込むほどに増す美しさと風合い

竹のしなやかさを活かしたかごは、ソフトで弾力がありますが、強靱です。竹は手で触ってあげることによって、艶が出て、強くなります。愛情を持って使い込んであげることで、栄養を得て、より強く美しくなるのです。使い込むほどに、アンティークのような風合いが出てきます。なにものにも替えがたい、自分だけのバッグとなります。1〜2年で寿命が尽きる竹かごバッグではありませんので、末永くお使いください。修理(有料)についてもお受け致しますので、ご入用の際はお申し付けください。


巾着

布や革などで作った、口をひもで締める小さな袋。昔は金銭・薬などを入れて持ち歩いた。
現在は財布や携帯電話など身の回りのものを入れるバッグとして使われている。