真の日本を日本から
 
English Japanese
和の輪について
作品集
商品カテゴリー
作者別
日本文化紹介
ご利用ガイド
よくあるご質問
お問合せ
会社情報
ショッピング
ショッピング
新 着 情 報

【和の輪お買物ガイド】
多様な支払方法!5千円(税抜)以上ご購入で送料無料!


【ヒストリー情報履歴】

【和の輪支店サイト】
各支店情報はコチラへ




【支店お客様評価】

Yahooショッピング店
お客様評価


Wouma! 店
お客様評価


【新着商品】

12/01New予約開始
2018年新春。抜刀娘刺繍メンズ福袋

11/28New新商品入荷
273117抜刀娘葵凛結愛ラメプリント和柄ワッチキャップ

11/21New新商品入荷
273132絡繰魂鳳凰龍鯉ロゴ刺繍ワッチキャップ

10/31New新商品入荷
274876絡繰魂鳥獣戯画刺繍和柄メンズレディースキャップ

10/30New新商品入荷
274876絡繰魂鳳凰刺繍和柄メンズキャップ

10/25New新商品入荷
273859絡繰魂桜刺繍和柄メンズメッシュキャップ

10/20New新商品入荷
273859絡繰魂虎竹刺繍和柄メンズメッシュキャップ

10/17New新柄
14柄追加
和柄ちりめんネックストラップ

10/11New新柄
色No.102,108,206,283
和柄靴紐(ちりめん靴ひも)

10/04New新柄
色No.206,210
ちりめんダブルピンベルト

10/02New新柄
色No.783,784
金蘭ダブルピンベルト

09/05New新商品入荷
273835抜刀娘凛結愛刺繍メンズメッシュキャップ

08/01New新商品入荷
272951絡繰魂家紋ワンショルダーバッグ

【定番人気商品】

和柄財布/本革長財布/がま口財布

和柄バッグ(ウエストバッグ/ショルダーバッグ/ヒップバッグ/トートバッグ)

和柄ベルト(ちりめん/金襴/本革ベルト)

和柄帽子(メッシュキャップ/ハンチング/ワッチキャップ/ハット)

和柄靴(スニーカー/ちりめんくつひも)

【ショッピングコーナー】

和柄財布/和柄がま口財布

和柄サンダル

和柄バッグ

和柄帽子

和柄グッズ

和傘(番傘等)

かごバッグ(籠巾着)

和柄・着物リメイク
アロハTシャツ


和紙紙織物バッグ

江戸小紋
[Komon Hirose]


新春向け商品


【アート・ギャラリー】

ハンドメイド アクセサリー

書道デザインフレーム

書道 色紙

和紙造形

書画

絵画

着物リメイク

レザークラフト

灯り

竹の虫

流木・古木花器


【2017年11月休業日】
土日及び
祝日(3,23)

【2017年12月休業日】
土日及び
祝日(27-29)

【2018年01月休業日】
土日及び
祝日(1,2-4,8,)


Dec
   » 休業日
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
 
「和の輪」は株式会社十八番屋の登録商標です
<登録第4947774号>
 
古物商(美術商)
東京都公安委員会許可
第303310606246号
株式会社十八番屋

日本文化紹介

 このコーナーでは、日本についての色々な情報をコラム形式でお伝えします。

専門家による日本の歴史や伝統文化、芸術に対するコラムから、一般的日本人の日本に対する雑学的知識、あるいは、在日外国人が感じた素晴らしい日本や風変わりな日本独特の習慣まで様々なコラムを読むことができます。コラム一覧から写真とともに探せます、ごゆっくりお楽しみください。

  • 江戸小紋のルーツ
    江戸小紋のルーツ 江戸小紋のルーツは武士の裃にあります。江戸時代、各藩の武士達はこぞってその藩専用の柄(留柄)を裃に使って、権力を誇示しあいました。遠目には無地、近づくと浮かび上... 

    ( 2007/03/16 )

  • 弥生(やよい)
    弥生(やよい) 旧暦3月は弥生(やよい)と呼ばれます。弥生は「いやおい」とも読まれ、草木がさらに茂りまさることを意味した言葉でもあります。つまり3月は草木が元気に育ち生い茂る月... 

    ( 2007/03/09 )

  • 織りあげる書
    織りあげる書 私は緑に囲まれた自然の中、織物職人の家に生まれた。 「キー トントン バートットン」という縦糸を交差させ、縦糸の間に横糸をすべらせる織機(しょっき)の機音... 

    ( 2007/03/01 )

  • 如月(きさらぎ)
    如月(きさらぎ) 旧暦の2月は如月(きさらぎ)と呼ばれています。立春(2月4日ごろ)を過ぎ、だんだん暖かくなってきたものの寒さがぶり返し、逆に寒さを強く感じ、更に服を重ね着するこ... 

    ( 2007/02/21 )

  • 桜 飾屋しろがねは、桜を最も大切な物にしております。 なぜなら、自分が考える「美」の基本が花であり、その中でも特に「桜」こそ、目指すべき「美」を内包しているのです... 

    ( 2007/01/30 )

  • 睦月(むつき)
    睦月(むつき) 日本では1月の別名を睦月(むつき)と呼びます。親しい人と互いに往来し睦まじく交わる月なので、一月を睦月と呼ぶという説が有力とされています。他には「元つ月(もとつ... 

    ( 2007/01/10 )

  • 師走(しわす)
    師走(しわす) 日本では、12月を師走(しわす)という別名でも呼びます。 この語源は諸説あります。正月前には、僧侶が各家でお経をあげるため、あちこち馳せ走る「師馳(しはせ)」... 

    ( 2006/12/12 )

  • 霜月(しもつき)
    霜月(しもつき) 旧暦の11月は「霜月(しもつき)」と呼ばれます。「霜月」は、そのまま文字通り霜が降る月の意味です。別称では、神帰月(しんきづき)雪待月(ゆきまちづき)等がありま... 

    ( 2006/11/09 )

  • 神無月(かんなづき)
    神無月(かんなづき) 神無月(かんなづき)は、旧暦10月の呼び名です。昔、日本中の神様が、10月に会議を開くため出雲の国(現在の島根県)に集まりました。その時、各地の神様がいなくなる... 

    ( 2006/10/17 )

  • 卯月(うづき)
    卯月(うづき) 昔は、電気もなく、夜のあかりも暗かったので、夜にどんな風に月が輝くか人々にとって大きな関心事だったようです。そしてその大きな関心事の月の形の変化のひとめぐりが一... 

    ( 2006/10/09 )

1 - 10 番目を表示 (34 あるコラムのうち) ページ: 1  2  3  4  [次ページ >>]