真の日本を日本から
 
English Japanese
和の輪について
作品集
商品カテゴリー
作者別
日本文化紹介
ご利用ガイド
よくあるご質問
お問合せ
会社情報
ショッピング
ショッピング
新 着 情 報

【和の輪お買物ガイド】
多様な支払方法!5千円(税抜)以上ご購入で送料無料!


【ヒストリー情報履歴】

【和の輪支店サイト】
各支店情報はコチラへ




【支店お客様評価】

DeNAショッピング店
お客様評価


Yahooショッピング店
お客様評価


【新着商品】

05/18New新商品入荷
272902絡繰魂金襴サンダル

05/17New新商品入荷
272901絡繰魂金襴竹サンダル

05/10New新色入荷
2.花龍,3.鶴の舞
竜図ほぼ全機種対応手帳型金襴スマホケース

04/12New新商品入荷
271901絡繰魂和柄桜富士本革(牛革)ベルト

04/06New新色入荷
色No.143,144,145
210,285,286
和柄靴紐(ちりめん靴ひも)

03/30New新色入荷
色No.170,201,238
281,282,283
和柄ダブルピンベルト(ちりめん2段穴ベルト)

03/24New新色入荷
色No.206,304
和柄ちりめん多機能三つ折りメンズレディース財布

03/17New再入荷
色No.K2,K038
和柄がま口メンズレディース財布(大)

03/17New再入荷
色No.K2
和柄がま口メンズレディース財布(プチ)

03/13New再入荷
色No.148
ちりめんダブルピンベルト

03/09New再入荷
色No.157
金襴ダブルピンベルト

03/08New再入荷
色No.161
和柄アクリルグラス(メガネ)ホルダー(眼鏡かけ)

03/08New再入荷
色No.40
和柄ちりめんネックストラップ

03/08New再入荷
和柄ちりめんがま口タバコシガレットケース

【定番人気商品】

和柄財布/本革長財布/がま口財布

和柄バッグ(ウエストバッグ/ショルダーバッグ/ヒップバッグ/トートバッグ)

和柄ベルト(ちりめん/金襴/本革ベルト)

和柄帽子(メッシュキャップ/ハンチング/ワッチキャップ/ハット)

和柄靴(スニーカー/ちりめんくつひも)

【ショッピングコーナー】

和柄財布/和柄がま口財布

和柄サンダル

和柄バッグ

和柄帽子

和柄グッズ

和傘(番傘等)

かごバッグ(籠巾着)

和柄・着物リメイク
アロハTシャツ


和紙紙織物バッグ

江戸小紋
[Komon Hirose]


新春向け商品


【アート・ギャラリー】

ハンドメイド アクセサリー

書道デザインフレーム

書道 色紙

和紙造形

書画

絵画

着物リメイク

レザークラフト

灯り

竹の虫

流木・古木花器


【2017年05月休業日】
土日及び
祝日(3,4,5)

【2017年06月休業日】
土日


Jun
   » 休業日
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 
「和の輪」は株式会社十八番屋の登録商標です
<登録第4947774号>
 
古物商(美術商)
東京都公安委員会許可
第303310606246号
株式会社十八番屋

和傘ができるまで

2006/06/21

和傘は日本人が世界に誇る民族文化です。

日本人は竹と和紙を使用した色々な民具を育ててきました。扇子・団扇・堤燈そして和傘。どれも竹の骨組みと和紙の融合により作り出される優美な民具ばかりです。これのルーツはどれも中国なのでしょうが、ごく自然に日本的美意識による改良が繰り返された結果、原産地の品々とはひと味ちがう姿に成長したのだと思われます。

和傘のことをから傘(唐傘)と呼ぶ人もあります。唐傘は中国の傘の意でなく、開け閉めが自由にできるカラクリ細工の傘の略称だとも言われます。平安絵巻に見られる傘(蓋)は貴人に差しかける、開いたままの傘で閉じることが出来なかったのですが、それが進化して現在の複雑な構造が出来あがったもので、往時の人々が(カラクリ)と思ったのも不思議ではありません。

現存する竹製品の内、和傘の骨組みのように複雑なものは他に見出すことは出来ません。その仕組みだけでなく、傘を閉じた時の美しさを追求し続けた先人の努力には頭 が下がります。洋傘と比べて骨の数が数倍もあり、そのうえ張った紙を内側に畳み込むのです。そして閉じた傘の形を最初に割った竹の姿に戻すように細心の注意を払います。できあがった傘は竹林の中に育っている真竹のように滑らかで、気品のある姿が理想とされてきました。

和傘のできるまで

楮、真竹、チシャの木、数種類の植物油、カシュー、柿渋、タピオカなど、数々の天然素材は、十数人の熟練職人の手を経て、数カ月をかけて傘に仕上げられます。その行程は数ある工芸品の中でも複雑を極め、大工程に分けても9つ、中工程では50以上、全工程では100を越えます。その中でも特に重要とみなされるのが、骨削り、張り、仕上げです。

骨師は、傘の姿が自然に生えている竹のようになるように、後から張られる紙と糸とが骨の間に入ることを計算して、一本の骨に太い細いをつけて削ります。一本の竹が印をつけた後に数十本に削られ、削られた 後にもとの順番にそろえ直されます。

張り師は、ただ紙を傘に張るだけでなく、先へ行くほど狭くなる骨間に紙をたたみこまなければいけません。その際、できるだけ紙にしわを寄らせずに、美しい円筒形に傘を閉じられるように配慮します。傘は何十回、何百回と雨に濡れ、閉じたり開いたりするので、紙が破れたり骨から浮き上がったり、形が崩れたりしないようにするには、熟練の技が要求されます。

仕上げ師は、張り上がった傘に油を塗り、天日で乾燥させます。この時、油が多過ぎると紙がくっついて傘が開かなくなりますし、少な過ぎると雨もりをしてしまいます。数日して傘が干し上がると、骨の上に漆 (カシュー)を塗ります。細い骨の上だけに素早く漆を引くにはまさに職人芸が要求されます。

このほかにも、削りあがった骨を釜茹でにして赤茶・黒などそれぞれの傘に合った色に染める骨染め、親骨と小骨、ろくろと親骨、ろくろと小骨をそれぞれ糸でつなぎあわせて一組の骨組みにするつなぎ、ばらつきのある手漉きの和紙を同じ厚さのものに選り分ける紙より、できあがった傘の内側に飾り糸をかけるかがりなど、目立たないながら非常に手間のかかる工程がたくさんあります。

 皮肉なことに、余りにも多くの多種多様な工程があるために一本の傘を一人で作り上げるのは至難のわざで、後継者育成の妨げともなっています。

ショッピングコーナー「和傘」
ショッピングコーナー「番傘」
ショッピングコーナー「装飾用ミニ傘(和傘セット)」
ショッピングコーナー「装飾用ミニ傘(日本セット)」
ショッピングコーナー「装飾用ミニ傘(浮世絵セット)」
ショッピングコーナー「装飾用ミニ傘(花柄セット)」

作家プロフィール


藤沢 健一(フジサワ ケンイチ)

株式会社マルト藤沢商店 代表
岐阜市和傘振興会会長
創業75年の和傘製造業の代表を務める。
日本の伝統文化の一つである和傘の技術を伝え広めるべく、精力的に活動する。